ロンドンの町並み〜ショーウィンドウ〜

去年10月に遊びに行ったロンドンで撮った写真を少し載せようと思います

やはりヨーロッパは古い建物も多くてそれだけで趣のある町並みですが、

ロンドンは伝統的な雰囲気の中にちょっと遊び心のあるデザインがあるような印象があります。

保守的で排他的な印象のあるヨーロッパがあまり好きになれないわたしも、

ロンドンは、おもしろがるような皮肉っぽい部分があるから結構好きです。

ロンドンの街にならぶお店のショーウィンドウもかわいかったりおもしろいものが結構ありました。



下の"PENHALIGON'S”は、老舗の香水のお店、だと思って今念のためHPを確認したら、、、

『英国王室御用達のトータルグルーミングブランド「ペンハリガン」。創業から130年あまり、時間を超えた悦びと上質をもたらす究極のラグジュアリーをお届けいたします。』
http://www.penhaligons.jp/

とのこと。ただの香水屋さん、とは言えなさそうですね失礼致しました!!

ここのショーウィンドウは、バレエシューズをたくさんぶら下げるデザインがとても印象的でした。

この写真は、CAMDEN PASSAGEという通りの路面店でしたが、

ほかの店舗も共通してこのデザインのショーウィンドウになっていましたよ。

DSCN1597.jpg


同じくCAMDEN PASSAGEで見かけたお店。

カフェのような、食事のできるお店のような雰囲気。

中に入らなかったので詳細はよくわからないですが、いかにも欧米!なポップな色使いがとてもかわいいです。

あ、ソフトクリームもあるみたいですね。笑

DSCN1601.jpg


場所は変わって、

下のお店は、コッツウォルズのちいさな村の中にあったかわいらしいお菓子屋さん。

コッツウォルズ名物のハニーカラーの石造りの建物に、

淡い色合いのグリーンの木枠の窓が素敵でした

DSCN1849.jpg


今度は、最近注目度が増してきているというSHOREDITCHエリアのお店。

このあたりはアーティストとかも住んでたりするらしく、個性的なお店やこだわりのお店があって、

おもしろいエリアでした。

たまたま通りかかった床屋さんがとてもおしゃれだったので。

後から見たら、写真を撮ってる自分が店内の鏡に映ってました。笑

ジェントルマンの後ろ姿から綺麗な口ひげが見えている、かわいいポスター。

DSCN1621.jpg


こちらもSHOREDITCHで歩いていた通りで見かけたカフェの店先。

店先の黒板には、CARLY RAE JEPSENの曲の歌詞が書いてありました

お店の人のセンスで毎日ちがう曲の歌詞に変わるのかな〜

なんて思うと次の日のが気になってチェックしに行きたくなっちゃいますね。

時間が限られていたためわたしは確認しに行けませんでしたが。。

”Call Me Maybe Lyrics”
http://www.metrolyrics.com/call-me-maybe-lyrics-carly-rae-jepsen.html
DSCN1623.jpg




オンラインストアのトップページへは、コチラから!!

http://accessoriestmk.cart.fc2.com/


ランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします。
ココをクリック!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村


こちらも1クリックお願いします!

人気ブログランキングへ



tomoko
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。